薬剤師・薬学生の情報サイト[ファーマシストマガジン]

ファーマシストフューチャー

薬剤師の仕事情報

医療現場での薬剤師の役割

医療の高度化によって、薬剤師という資格の重要性が増している今日。いままで以上に、現場では仕事に対する知識や経験が問われています。これから薬剤師を目指す方に、社会は何を求めているのか、そのとき自分たちは何をすればよいのかをご紹介します。

■薬剤師としての就労先

薬剤師は、薬に関するスペシャリストです。
仕事内容も、それを見越した業種へと固定される傾向にあります。

《主な就労先》
1. 病 院
2. 調剤薬局
3. ドラッグストア・医薬品販売店
4. 企業(製薬・化粧品・食品・医薬品卸・医療器具販売など)
5. CRO(開発業務受託機関)
6. SMO(治験施設支援機関)
7. 薬剤系行政機関(厚生労働省・文部科学省・環境省)
※企業系は薬剤師免許がなくても就労できる職種もあります


調剤薬局・ドラッグストア

薬学部卒業後、一番大きな就労先になる医療提供施設が調剤薬局です。2015年現在、約57,000軒があり、多くの薬剤師がいまも就労しています。これからの薬剤師も調剤薬局に就職する方が多いと考えられますが、地域による人気の差がはっきりと出ています。基本的に都心部ほど人気は高く、薬剤師の増加によって将来は過剰供給が予想されます。
調剤業務ができるだけではなく、コミュニケーション力や課題形成力など人より優れた能力をもつことで、価値のある人材として生き残れるでしょう。

ドラッグストアは、2009年の改正薬事法によって競争が激しくなり、同業他社および新規参入のスーパーやホームセンターなどとの差別化を進めるなかで、調剤業務を併設する企業(店舗)がメインストリームになりつつあります。
地域住民に対する身近な健康アドバイザーとして、社会的な期待も大きくなっています。調剤業務だけではなく、一般用医薬品の販売やサプリメントの適切な提供など、より幅広い活動ができるでしょう。ただ、一般用医薬品に関しては、登録販売者の存在によってドラッグストアでの薬剤師に対する立場は微妙に変化しています。医薬品のスペシャリストとして、登録販売者の上に立てる人材にならなければなりません。


病 院・クリニック

一昔前までは、病院・クリニックの院内薬局が薬剤師のおもな就労先でした。しかし、その立場は時代背景によって変わり、仕事内容はいまや病棟業務など多岐にわたります。チーム医療の確立で、薬に対するご意見番として、医師の診療をサポートするポジションへとシフトしたのです。より専門的な知識の必要性も認知され、重要性は増すばかりです。
ただ、薬剤師の社会的地位の向上に向けて、非常によい風潮といえますが、採用枠が広がるわけではありません。高い能力のある人材が求められており、病院薬剤師は常に知識を深める努力が必要不可欠です。自身がその立場になったとき、豊富な知識と経験にもとづいた情報を発信できるよう、日々研鑽しましょう。


企 業

◆MR(医薬情報担当者)
MRはおもに製薬会社に勤務し、医薬品を病院やクリニックなどに販売する営業担当者です。
病院やクリニックなどへ直接赴き、医師や看護師などに医薬品や関連情報を伝え、適切な使用方法についてのレクチャーをします。
病院などで信頼を勝ち取るには、MR認定試験制度に合格している必要があります。ただし、取得していなくてもMR職には就くことができます。
高いコミュニケーション能力を要しますが、専門性をフルで発揮できることから、非常に難易度の高い職種であると同時に、その肩書きは社会的にも高く評価されます。経験を積むごとに高給が見込める可能性もあります。


◆管理薬剤師
管理薬剤師は、薬局やドラッグストアなどの医薬品販売店のほか、医薬品卸売業や、製薬会社、物流センターなどでも活躍しています。
管理薬剤師の設置義務は、医薬品を取り扱う店だけでなく、製造をおこなう際にも発生するからです。
医薬品卸売業や製薬会社、物流センターなどにおける管理薬剤師の役割は、おもに薬剤の品質・在庫管理業務です。とくに製薬会社では、医薬品の許認可申請などの行政対応や、医薬品の問い合わせ対応(ドラッグインフォメーション業務)などもおこないます。
企業で働く管理薬剤師は、非常に業務の幅が広いため、あらゆるスキルが必要ですが、とくにコミュニケーションスキルや、英語文献を読む英語スキルなどはあったほうがよいでしょう。
企業の社員として働くため、通常の会社員と同様の勤務スタイルは大きな魅力です。多彩なスキルが必要で、かつ、専門性も高いので、周囲からは重宝されるでしょう。


◆学 術
製薬会社などでの学術の仕事内容には、自社製品の情報管理や、MR(医薬情報担当者)のサポートなどがあります。自社で製造・販売している医薬品や、競合他社の医薬品に関する情報を収集して管理しつつ、必要に応じてMRや病院、薬局などに開示します。
また、実際に現場へ、医薬品を売り込みに行く営業担当者(MR)などに、医薬品に関する勉強会を実施します。場合によっては、MRに同行して病院や薬局で説明会をおこなうこともあります。
MRから頼られる存在になるため、常に最新の情報収集は欠かせません。英語スキルがあれば重宝します。誰にでも分かりやすく説明できる能力が求められることもあります。残業などが少なく、比較的安定した勤務スタイルが見込めるのがメリットといえるでしょう。


◆DI(ドラッグインフォメーション)
製薬会社のほか、医薬品卸売業や、病院、医療機器メーカー、化粧品会社、大手ドラッグストアなどに勤務し、医師、薬剤師、一般の方、社内MRなどへ医薬品情報を提供します。
直接、電話などでの問い合わせに対して、求められる情報提供をおこなうのが特徴です。時にはクレーム対応をおこなうことも。また、英語文献を検索する必要があることもあります。よって、コミュニケーション能力はもちろん、事務処理能力、英語力などが求められます。デスクワークのため、一般的な薬剤師とは異なる勤務スタイルで仕事ができるのは、大きな特徴といえます。


◆薬事申請
新薬を開発する製薬会社に勤務し、まだ厚生労働省による承認を受けていない新薬について、その申請に必要な添付文書を作成、編集するのがおもな仕事です。公文書を作成するための知識のほか、事務処理能力、英語力が求められます。
新薬の開発に携わることができる魅力があり、経験を積むごとに収入が増す見込みもあります。とくに外資系メーカーになると高給が見込めることもあるでしょう。


◆研究職
おもに製薬会社で医薬品の研究に携わる仕事です。研究とは、新薬の開発のための研究であり、製薬会社の要といえます。よって、非常に重宝される要員となり、高給が得られる場合が多いのが特徴です。
ただし、その分、求められるスキルは高度です。実際の研究だけでなく、プレゼンテーションやディスカッションなどの機会も多いため、コミュニケーション能力など、幅広いスキルが求められます。
一般的には大学院卒の採用が多いといわれています。


◆臨床開発職
 CRA(臨床開発モニター)
 CRC(治験コーディネーター)
 DM(データマネジメント)
 品質保証部門(QA)
 品質管理部門(QC)


製薬会社などで活躍する臨床開発職は、研究職が開発した新薬などの安全性を確かめるために、臨床試験をおこなう職種です。また、外部の企業との連携による治験に関わるのもこの臨床開発職の大きな役割のひとつです。
CRAと呼ばれる臨床開発モニターが医療機関を訪問して治験について打診して契約をおこなった後、CRCと呼ばれる治験コーディネーターが実際に治験の被験者の患者に対応、そしてDM(データマネジメント)が治験の結果をデータとして整えます。
また、品質保証・品質管理職も臨床開発職に含まれます。医薬品の製造過程で、品質向上のために必要とされることを整備する仕事がメインです。
臨床開発職の魅力は、新薬の開発に携わることができる点や、医薬品の安全性を確認し、患者の安全を守ること、そして医療従事者や患者などと密なコミュニケーションを取ることのできる機会が多いことなどがあります。


◆麻薬取締官
違法とされている麻薬の流通や、犯罪を取り締まる仕事です。国家公務員として厚生労働省に所属します。場合によっては麻薬取締の際に武器の使用や逮捕する行為も認められています。時には、医療機関で使用される麻薬および向精神薬などの流通経路を監視し、不正流通防止に取り組むことも。
麻薬取締官になるには、国家公務員か薬剤師資格が必要になります。大きな魅力は、麻薬に関する犯罪や汚染を取り締まることで、国を守り、健全な社会を実現するという重要な使命を持って働くことができることにあるでしょう。また、国家公務員として安定した収入や手当が見込めるのも特徴のひとつです。


企業求人はこちら「薬剤師のプレミア求人」


■これからの薬剤師の就業

薬剤師でなければ就労できないとなると、調剤薬局・病院が一番の大きな受け皿です。医薬分業の普及により、全国で調剤薬局が増加し就労先は広がりました。
現在は需要と供給のバランスが合っておらず、薬剤師の売り手市場です。しかし、先々この状況が続くとは限らず、いずれ飽和するとさまざまな方面からいわれています。
資格を持っているだけではなく、薬のプロフェッショナルとしてプラスαの能力が求められる時代が来るはずです。時代の流れにそった経験や知識を常に取り入れていく、この考えを生涯持ち続けてこそ、本当の意味で薬剤師といえるのではないでしょうか。


■医療現場での薬剤師

いままでの医療現場では、患者の治療は医師に任せきりというケースがほとんどでした。薬剤師も以前から病院で働いていましたが、医師の処方箋に従って調剤・製剤をおこなうため、仕事に対する責任はそこまで高くありませんでした。しかし近年、薬剤師やそのほかの医療専門職がそれぞれの知識を活用し、その意見を参考にして、医師が治療を決定するチーム医療へと変化してきました。責任ある立場になった影響で、薬剤師の役割は重要性を増しています。
ただ調剤ができればいい、投薬すればいいのではなく、その処方によってどのような効果と副作用があるのかなど、ほかのスタッフに伝えることも必要になります。周りから患者の状況を伝えてもらうことで、これからどのように対応するのか薬剤師としての所見を医師に相談することもできるのです。

当然、病院に勤務する薬剤師だけではなく、調剤薬局・ドラッグストアに勤める場合も同じです。制度が変わったことにより、いままで医師しか処方できなかった薬の販売が一部可能になりました。これは医薬品の販売を、物としてではなく物プラス情報として扱っていくことを意味します。
新制度により、薬剤師は薬を扱う専門家として、地位の確立・向上につながる重要な機会を与えられたのです。調剤をおこなうだけではなく、プラスαの患者に対するケアや、知識を提供できる立場が求められています。

知っトク!おトク!豆知識

健康・医療分野におけるITC化 国民がメリットを感じられる今後の方向性とは
現在、医療情報のITC化は主官庁である厚労省と総務省で進められています。病院や薬局、そして介護も含む地域医療連携の全体をネットワーク化し、個人の健康・医療・介護分野の情報をパーソナルヘルスレコードとして本人が一元管理・活用できるようにします。ITC化された情報をスマホアプリで見ることができれば、利用者はどんな診断や投薬をされているかがわかります。また、本人自らが情報を持ち運ぶことにより、引っ越しなど地域を超えての活用や、複数診療科での活用、介護分野の多職種連携チームでの活用が可能となります。

今月号の目次
今日はなんの日?
  • 2016年9月9日
  • 救急の日
  • 厚生労働省が1982年に「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから制定。救急医療関係者の意識向上と、国民の正しい理解を深めることが目的である。
  • 2016年9月9日
  • 骨盤臓器脱 克服の日
  • 尿失禁・骨盤臓器脱で悩む女性ゼロをめざすひまわり会により制定される。骨盤臓器脱の英語表記は「POP」と略され、逆転すると「909」と読めるため。
  • 2016年9月22日
  • フィットネスの日
  • 日本フィットネス協会の設立記念日であり、9月は厚労省が実施する「健康増進普及月間」でもあるため制定される。国民の健康体力づくり推進が目的である。
  • 2016年9月24日
  • 歯科技工士記念日
  • 1955年設立の日本歯科技工士会により、2005年9月に50周年を記念して制定されたふたつの記念日のひとつ。もうひとつは10月8日の「入れ歯感謝デー」。

薬剤師の地域別時給[東日本]
地 域 東京23区 東京都下 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県 静岡県 山梨県
平均値 ¥2,302 ¥2,203 ¥2,126 ¥2,229 ¥2,400 ¥2,508 ¥2,309 ¥2,255 ¥2,051 -
薬剤師の地域別時給[西日本]
地 域 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 愛媛県 福岡県
平均値 ¥2,249 ¥2,111 ¥2,114 ¥2,020 ¥2,111 ¥2,145 ¥1,960 ¥2,771 ¥1,913
(2015年2月~2016年1月)
AiDEM 株式会社アイデム 人と仕事研究所調べ

薬剤師インタビュー

アクセスランキング

1

[薬事医療業界ニュース]

建物外への出入口が必要‐「調剤所と同様」判断で見解
2

[特集コラム]

施設基準届け出の憂鬱 ~申請から2か月後に届いた受理通知~ ららくま薬局 熊谷信さん
3

[薬剤師インタビュー]

地域のみなさんから広く信頼してもらえる薬剤師になりたい 中央薬局 下村英紀さん

最新ニュース

一覧を見る

produced byアイデムエキスパート

pmdaメディナビ

バックナンバー

pmdaメディナビ