薬剤師・薬学生の情報サイト[ファーマシストマガジン]

薬事医療業界ニュース

トピックス

医療用医薬品・OTC医薬品

後発品414品目を薬価収載‐11月収載は定着の方向
厚生労働省

2010年11月22日(月)

■「アマリール」に28社が参入

厚生労働省は19日、76社が申請した107成分の後発品414品目の薬価基準収載を告示した。5月分と合わせると、今年度の後発品収載累計は611品目となる。年2回収載となった2007年度当初に、14品目にとどまった11月分は、前年度から400品目程度の水準が続き、同省は「11月収載の企業戦略が定着してきた」としている。参入最多成分は、サノフィ・アベンティスのアマリールを先発品とする、2型糖尿病用薬「グリメピリド」の28社64品目で、既存剤形にないOD錠が1mgと3mgで4品目ずつ加わった。

今回の対象は、8月5日までに薬事承認を取得した後発品。7月15日までに442品目の希望が出ていたが、16品目の希望が取り下げられ、12品目は局方名収載などで告示不要となった。

 医療安全等の観点から、名称変更した代替新規32品目を含め、収載されたのは、内用薬が62成分304品目、注射薬が21成分64品目、外用薬が24成分46品目だった。このうち初の後発品は、内用薬が3成分148品目、注射薬が3成分18品目で、外用薬はなく、合計は6成分166品目となった。

 成分別品目数の上位3番目までは初の後発品が占め、グリメピリドの先発品のアマリールは、新薬創出・適応外薬解消等促進加算の適用を受けている。以下、エーザイのパリエットを先発とするプロトンポンプ阻害型抗潰瘍剤「ラベプラゾールナトリウム」の21社42品目、明治製菓のデプロメールとアボット製薬のルボックスを先発とする抗うつ剤「マレイン酸フルボキサミン」の14社42品目が続く。グラクソ・スミスクラインのザイロリックを先発とする痛風治療薬「アロプリノール」の50mg錠規格揃え17社17品目も多かった。

 なお、このほか初の後発品となったのは、抗潰瘍剤「オメプラゾールナトリウム」(先発品:アストラゼネカのオメプラール)の5社5品目、抗癌剤「アザセトロン塩酸塩」(日本たばこ産業のセロトーン)の1社1品目、造影剤「イオプロミド」(田辺三菱製薬のプロスコープ)の1社12品目がある。

 メーカー別収載数は大興製薬の25品目が最も多く、以下、日医工の19品目、沢井製薬と東和薬品の17品目、マイラン製薬の16品目となっている。

 また、同一規格の後発品が20品目を超え、薬価を既収載品の最低価格の9割で算定することになったのは、緑内障治療薬「ラタノプロスト」(先発はファイザーのキサラタン点眼液)の1品目のみ。(薬事日報

>> 医療用医薬品・OTC医薬品一覧に戻る

医療用医薬品・OTC医薬品

知っトク!おトク!豆知識

健康・医療分野におけるITC化 国民がメリットを感じられる今後の方向性とは
現在、医療情報のITC化は主官庁である厚労省と総務省で進められています。病院や薬局、そして介護も含む地域医療連携の全体をネットワーク化し、個人の健康・医療・介護分野の情報をパーソナルヘルスレコードとして本人が一元管理・活用できるようにします。ITC化された情報をスマホアプリで見ることができれば、利用者はどんな診断や投薬をされているかがわかります。また、本人自らが情報を持ち運ぶことにより、引っ越しなど地域を超えての活用や、複数診療科での活用、介護分野の多職種連携チームでの活用が可能となります。

今月号の目次
今日はなんの日?
  • 2016年9月9日
  • 救急の日
  • 厚生労働省が1982年に「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから制定。救急医療関係者の意識向上と、国民の正しい理解を深めることが目的である。
  • 2016年9月9日
  • 骨盤臓器脱 克服の日
  • 尿失禁・骨盤臓器脱で悩む女性ゼロをめざすひまわり会により制定される。骨盤臓器脱の英語表記は「POP」と略され、逆転すると「909」と読めるため。
  • 2016年9月22日
  • フィットネスの日
  • 日本フィットネス協会の設立記念日であり、9月は厚労省が実施する「健康増進普及月間」でもあるため制定される。国民の健康体力づくり推進が目的である。
  • 2016年9月24日
  • 歯科技工士記念日
  • 1955年設立の日本歯科技工士会により、2005年9月に50周年を記念して制定されたふたつの記念日のひとつ。もうひとつは10月8日の「入れ歯感謝デー」。

薬剤師の地域別時給[東日本]
地 域 東京23区 東京都下 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県 静岡県 山梨県
平均値 ¥2,302 ¥2,203 ¥2,126 ¥2,229 ¥2,400 ¥2,508 ¥2,309 ¥2,255 ¥2,051 -
薬剤師の地域別時給[西日本]
地 域 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 愛媛県 福岡県
平均値 ¥2,249 ¥2,111 ¥2,114 ¥2,020 ¥2,111 ¥2,145 ¥1,960 ¥2,771 ¥1,913
(2015年2月~2016年1月)
AiDEM 株式会社アイデム 人と仕事研究所調べ

薬剤師インタビュー

アクセスランキング

1

[薬事医療業界ニュース]

建物外への出入口が必要‐「調剤所と同様」判断で見解
2

[特集コラム]

施設基準届け出の憂鬱 ~申請から2か月後に届いた受理通知~ ららくま薬局 熊谷信さん
3

[薬剤師インタビュー]

地域のみなさんから広く信頼してもらえる薬剤師になりたい 中央薬局 下村英紀さん

最新ニュース

一覧を見る

produced byアイデムエキスパート

pmdaメディナビ

バックナンバー

pmdaメディナビ