薬剤師・薬学生の情報サイト[ファーマシストマガジン]

薬事医療業界ニュース

トピックス

政府(政党)・行政機関・自治体

足立区、薬局店頭に検査装置常設‐糖尿病の早期発見を支援
足立区

2010年11月24日(水)

未発見の糖尿病患者や、糖尿病予備軍の早期診断へつなげていこうという、新たな「医薬連携」の試みが、東京・足立区で始まった。指先採血でHbA1cが測定できる新技術の登場を受け、区内9薬局の店頭に「指先採血HbA1c測定装置」を常設することで、今まで検査を受けずにいた人たちにHbA1c検査の実施を促す。東京大学と足立区の医師会、薬剤師会、NPO法人ADMSとの共同研究「糖尿病診断アクセス革命」プロジェクトの中心的事業として、10月からスタートしている。

プロジェクトは、東京大学分子エネルギー代謝学講座の矢作直也特任准教授を代表者として、未発見糖尿病対策としての「指先微量採血法でのHbA1c検査実施の有効性」の検証を行うもの。足立区で検証が行われるのは、東京23区内でも糖尿病罹患率が高いことから。

 厚生労働省の調査では、日本の糖尿病人口は1000万人の大台に乗ったとされ、そのうち定期的に医療機関を受診しているのは、4分の1に満たないことが明らかになっている。

 糖尿病対策では、自身の血糖値の状態を知っておくことが必須であり、今年7月改訂の日本糖尿病学会の新診断基準では、血糖値に加えHbA1cで、糖尿病かどうかを判断できるようになった。ただ、診断するには血液検査が必須なことから、受診率の低迷が課題となっている。

 プロジェクトは、この「血液検査へのハードル」を下げる手法として、新たに登場した「指先採血でのHbA1c測定」を薬局店頭で活用し、未発見の糖尿病や予備軍発掘につなげていこうとする試み。最終的には、日本の糖尿病を減らすことを目指す。実施に当たっては、医師会と薬剤師会とが緊密に連携しており、新たな「医薬連携」の意味合いも持つ。

 実際の検査は、患者自らが指先から採血した後に、店頭に常設した装置で測定、その値によって▽正常域▽予備軍域▽危険域――の3段階で評価する。危険や予備軍の人たちには、薬剤師が受診勧告する。なお、各薬局で得られたデータは定期的に区薬でまとめ、矢作氏がそのデータをもとに解析する。

 プロジェクトに参加している長井彰子氏(あやせ薬局、区薬理事)は、薬局で検査をするメリットについて、「かかりつけ薬局として、長年通っている患者とのつながりが深く、その家族、兄弟などにも広く測定への参加を呼びかけられる。コストの問題はあるが、糖尿病患者掘り起こしのあり方に、一定の方向性が見えてくればいいと思っている」と語る。

 同薬局ではこれまで約40人が測定を行い、軽症の患者と疑われるケースを含め8人に対し、受診勧告を行っているとのこと。(薬事日報

>> 政府(政党)・行政機関・自治体一覧に戻る

政府(政党)・行政機関・自治体

知っトク!おトク!豆知識

健康・医療分野におけるITC化 国民がメリットを感じられる今後の方向性とは
現在、医療情報のITC化は主官庁である厚労省と総務省で進められています。病院や薬局、そして介護も含む地域医療連携の全体をネットワーク化し、個人の健康・医療・介護分野の情報をパーソナルヘルスレコードとして本人が一元管理・活用できるようにします。ITC化された情報をスマホアプリで見ることができれば、利用者はどんな診断や投薬をされているかがわかります。また、本人自らが情報を持ち運ぶことにより、引っ越しなど地域を超えての活用や、複数診療科での活用、介護分野の多職種連携チームでの活用が可能となります。

今月号の目次
今日はなんの日?
  • 2016年9月9日
  • 救急の日
  • 厚生労働省が1982年に「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから制定。救急医療関係者の意識向上と、国民の正しい理解を深めることが目的である。
  • 2016年9月9日
  • 骨盤臓器脱 克服の日
  • 尿失禁・骨盤臓器脱で悩む女性ゼロをめざすひまわり会により制定される。骨盤臓器脱の英語表記は「POP」と略され、逆転すると「909」と読めるため。
  • 2016年9月22日
  • フィットネスの日
  • 日本フィットネス協会の設立記念日であり、9月は厚労省が実施する「健康増進普及月間」でもあるため制定される。国民の健康体力づくり推進が目的である。
  • 2016年9月24日
  • 歯科技工士記念日
  • 1955年設立の日本歯科技工士会により、2005年9月に50周年を記念して制定されたふたつの記念日のひとつ。もうひとつは10月8日の「入れ歯感謝デー」。

薬剤師の地域別時給[東日本]
地 域 東京23区 東京都下 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県 静岡県 山梨県
平均値 ¥2,302 ¥2,203 ¥2,126 ¥2,229 ¥2,400 ¥2,508 ¥2,309 ¥2,255 ¥2,051 -
薬剤師の地域別時給[西日本]
地 域 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 愛媛県 福岡県
平均値 ¥2,249 ¥2,111 ¥2,114 ¥2,020 ¥2,111 ¥2,145 ¥1,960 ¥2,771 ¥1,913
(2015年2月~2016年1月)
AiDEM 株式会社アイデム 人と仕事研究所調べ

薬剤師インタビュー

アクセスランキング

1

[薬事医療業界ニュース]

建物外への出入口が必要‐「調剤所と同様」判断で見解
2

[特集コラム]

施設基準届け出の憂鬱 ~申請から2か月後に届いた受理通知~ ららくま薬局 熊谷信さん
3

[薬剤師インタビュー]

地域のみなさんから広く信頼してもらえる薬剤師になりたい 中央薬局 下村英紀さん

最新ニュース

一覧を見る

produced byアイデムエキスパート

pmdaメディナビ

バックナンバー

pmdaメディナビ