薬剤師・薬学生の情報サイト[ファーマシストマガジン]

薬事医療業界ニュース

トピックス

日本薬剤師会・その他協会・団体

「セルフMの認知度」低迷続く‐生活者意識とOTC薬市場を調査
日本OTC医薬品協会、インテージ

2010年11月26日(金)

■薬剤師、登録販売者の役割啓発を

 日本OTC医薬品協会は22日、インテージとの共同調査「“かかりつけ薬局”とOTC医薬品の役割~最近6カ月のOTC医薬品市場状況とセルフメディケーションに関する生活者意識調査から」の結果を公表した。それによると、かかりつけ薬局を持っていたのは1割強にとどまったが、持ちたい意向を示した人が半数を超え、セルフメディケーションを身近で支えるパートナーとして、かかりつけ薬局の薬剤師や登録販売者への期待が高かった。ただ、「実際に薬剤師の役割まで知っている」は5割で、「役割までは知らない」「名前も知らない」が合計して半数近くあり、身近で薬や健康について気軽に相談できるパートナーとして、存在をアピールする必要性がある結果となった。

 共同調査は、4~10月のSDIデータ(全国の薬局・薬店を対象に、POSデータをオンライン収集したOTC医薬品調査パネル。サンプル店は3211店)をもとに、OTC医薬品市場の状況を調べた。また、生活者調査として、15~69歳の男女各600人を対象に、Web調査も10月に行った。

 生活者調査では、「セルフメディケーション」の認知度などについて調べた。それによると、認知度は17・6%で、前回調査(19・3%)と大きな変化は見られず、約5人に1人という認知度は変わっていない。

 ドラッグストアにOTC薬を買いに行く頻度は、「2~3カ月に1回程度」が26・9%で最も多く、「半年に1回くらい」が20・0%で続いた。男女別では、女性の頻度が高かった。また、普段利用するドラッグストア数の平均も、男性の1・7軒に対し、女性は2・1軒と上回った。

 利用したいと思う薬局・ドラッグストアについては、「家や職場から近い」が84・3%でトップ。次いで、「特売をよくしていて、医薬品が安く買える」の42・6%、「お店の会員になっている」の40・2%の順だった。「薬に詳しい薬剤師や店員がいる」は13・9%、「自分の健康や薬について、気軽に相談することができる」は8・2%だった。

 薬局やドラッグストアにいる薬剤師や登録販売者の認知度は、薬剤師は「役割まで知っている」が52・8%。「役割までは知らない」(40・6%)と「名前も知らない」(6・6%)を合わせると半数近くに達した。登録販売者はさらに低く、「役割まで知っている」は14・5%にとどまった。「名前を聞いたことがある」は48・9%と半数近くを占めたが、「名前も聞いたことがない」も36・6%あった。

 「かかりつけ医師」「かかりつけ薬局」の認知では、かかりつけ医師は93・3%と多くが認知していたものの、かかりつけ薬局は48・4%と半数に満たなかった。そのうち認知度が60%前後と比較的高かったのは、男女とも30代だった。

 かかりつけ医師とかかりつけ薬局の説明文を示した上で、かかりつけ医師、かかりつけ薬局の有無を聞いた結果では、「かかりつけ薬局を持っている」は13・1%で、かかりつけ医師(38・7%)の約3分の1だった。しかし、「かかりつけ薬局を持ちたい」意向は51・2%と、半数を超えた。

 一方、SDIデータによる4~10月のOTC薬市場調査では、販売金額で前年比プラスとなったのは7月だけで、その他の月はいずれもマイナスとなった。7月が前年比プラスとなった要因としては、「記録的な猛暑」を挙げており、その他の月については「厳しい状況が続いている」と分析した。

 このうち、第1類薬の販売金額は、6月(前年比1・8%増)、7月(2・7%増)、10月(8・9%増)が前年比でプラスになるなど、5月以降、OTC薬市場全体の前年比を上回る傾向が続いている。ただ、改正薬事法施行以降、第1類薬はずっと低迷しており、「前年比プラスとなった月も、去年の落ち込みよりはプラスになったということ」と分析している。

 第1類薬の販売店率はこの間、75%前後を推移。「低下傾向ではなく、75%前後で落ち着いている」とした。一方、1店舗当たりの第1類薬の販売金額は増加傾向となっている。(薬事日報

>> 日本薬剤師会・その他協会・団体一覧に戻る

日本薬剤師会・その他協会・団体

知っトク!おトク!豆知識

健康・医療分野におけるITC化 国民がメリットを感じられる今後の方向性とは
現在、医療情報のITC化は主官庁である厚労省と総務省で進められています。病院や薬局、そして介護も含む地域医療連携の全体をネットワーク化し、個人の健康・医療・介護分野の情報をパーソナルヘルスレコードとして本人が一元管理・活用できるようにします。ITC化された情報をスマホアプリで見ることができれば、利用者はどんな診断や投薬をされているかがわかります。また、本人自らが情報を持ち運ぶことにより、引っ越しなど地域を超えての活用や、複数診療科での活用、介護分野の多職種連携チームでの活用が可能となります。

今月号の目次
今日はなんの日?
  • 2016年9月9日
  • 救急の日
  • 厚生労働省が1982年に「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから制定。救急医療関係者の意識向上と、国民の正しい理解を深めることが目的である。
  • 2016年9月9日
  • 骨盤臓器脱 克服の日
  • 尿失禁・骨盤臓器脱で悩む女性ゼロをめざすひまわり会により制定される。骨盤臓器脱の英語表記は「POP」と略され、逆転すると「909」と読めるため。
  • 2016年9月22日
  • フィットネスの日
  • 日本フィットネス協会の設立記念日であり、9月は厚労省が実施する「健康増進普及月間」でもあるため制定される。国民の健康体力づくり推進が目的である。
  • 2016年9月24日
  • 歯科技工士記念日
  • 1955年設立の日本歯科技工士会により、2005年9月に50周年を記念して制定されたふたつの記念日のひとつ。もうひとつは10月8日の「入れ歯感謝デー」。

薬剤師の地域別時給[東日本]
地 域 東京23区 東京都下 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県 静岡県 山梨県
平均値 ¥2,302 ¥2,203 ¥2,126 ¥2,229 ¥2,400 ¥2,508 ¥2,309 ¥2,255 ¥2,051 -
薬剤師の地域別時給[西日本]
地 域 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 愛媛県 福岡県
平均値 ¥2,249 ¥2,111 ¥2,114 ¥2,020 ¥2,111 ¥2,145 ¥1,960 ¥2,771 ¥1,913
(2015年2月~2016年1月)
AiDEM 株式会社アイデム 人と仕事研究所調べ

薬剤師インタビュー

アクセスランキング

1

[薬事医療業界ニュース]

建物外への出入口が必要‐「調剤所と同様」判断で見解
2

[特集コラム]

施設基準届け出の憂鬱 ~申請から2か月後に届いた受理通知~ ららくま薬局 熊谷信さん
3

[薬剤師インタビュー]

地域のみなさんから広く信頼してもらえる薬剤師になりたい 中央薬局 下村英紀さん

最新ニュース

一覧を見る

produced byアイデムエキスパート

pmdaメディナビ

バックナンバー

pmdaメディナビ