薬剤師・薬学生の情報サイト[ファーマシストマガジン]

薬事医療業界ニュース

トピックス

医療用医薬品・OTC医薬品

新剤形「グミキャップ」の商標取得‐数々の機能性製剤が健食分野で注目
三生医薬

2010年12月13日(月)

 健康食品・医薬品・化粧品・一般食品等の受託製造専門会社の三生医薬(本社:富士宮市)は、同社オリジナルによる新たな製剤「グミキャップ」を開発し、このほど商標を取得したのに続いて、食品素材として注目されるマスティックの油液を内包した軟カプセルに関して、特許を取得した。

Photo:農林水産省主催の「アグリビジネス創出フェア」(11月24~26日、幕張メッセ)でも、三生医薬の高いカプセル製造技術に関心が集まった

 同社では、素材が持つ機能を最大限に生かしつつ、摂取する負担を極力少なくした製剤設計の開発に取り組んでいる。これまでに、素錠をソフトカプセルの皮膜と同じゼラチン膜でコーティングした、錠剤とカプセルの長所を融合した新剤形「タブラート」のほか、植物性カプセル(V‐カプセル)、腸溶性製剤(E‐ カプセル)、おいしいカプセル(X‐ジェル)、超速溶性カプセル(S‐カプセル)、耐熱性・耐湿性カプセル(W‐ジェル)など、数多くの機能性製剤を開発してきた。

 今回、新たに加わった「グミキャップ」(特許出願中)は、ゼリー層と皮膜層からなるカプセル。従来のグミと異なる2層構造のため、二つの噛みごたえと味が楽しめる。皮膜で覆われているのでマスキングもしやすく、酸素バリア性の向上などの機能性の付与のほか、ゼリー層と皮膜層の2層それぞれの味や食感を変えることができる。

 さらに、水がなくても手軽にサプリメントを摂取でき、水溶性成分を高含有することも可能なため、推奨摂取有効量の多い成分も、1粒で摂取することができる。グミキャップについて、同社では「咀嚼機能の低下防止効果、咀嚼による健康効果も期待できる。今後、独自の製剤として積極的に営業展開していきたい」(研究開発部学術課)としており、嗜好性が高い健康食品の新剤形として注目を集めそうだ。

 一方、食品素材のマスティックを気軽に摂取でき、かつ吸収性に優れた製剤化に関する開発を行い、特許を取得した。マスティックは、ギリシャ南東部のヒオス島だけに群生する、ウルシ科のマスティックの木から採れる樹液で、ピロリ菌に対する優れた抗菌作用のほか、虫歯や歯周病・口臭予防等に効果があるとされ、古くから伝承薬として利用されてきた。近年は日本でも注目を集めている。

 水に難溶性の樹脂であり、強い特異な味があるのも特徴で、これまで味つけをしてチューインガム状に加工したり、顆粒程度に粉砕して硬カプセルに詰めたりしていたが、個体のまま使用しているので、粘膜細胞上皮までマスティックが十分に浸透しないという課題があった。

 三生医薬では、マスティックの効果を十分に発揮させる研究を重ね、このほど「マスティックの油液を内包した軟カプセル」の特許取得に至ったもの。同社では「今回の特許取得は、高い技術力の実績を裏づけるもので、様々な機能が期待されているマスティックの普及につながることが期待される」としている。(薬事日報

>> 医療用医薬品・OTC医薬品一覧に戻る

医療用医薬品・OTC医薬品

知っトク!おトク!豆知識

健康・医療分野におけるITC化 国民がメリットを感じられる今後の方向性とは
現在、医療情報のITC化は主官庁である厚労省と総務省で進められています。病院や薬局、そして介護も含む地域医療連携の全体をネットワーク化し、個人の健康・医療・介護分野の情報をパーソナルヘルスレコードとして本人が一元管理・活用できるようにします。ITC化された情報をスマホアプリで見ることができれば、利用者はどんな診断や投薬をされているかがわかります。また、本人自らが情報を持ち運ぶことにより、引っ越しなど地域を超えての活用や、複数診療科での活用、介護分野の多職種連携チームでの活用が可能となります。

今月号の目次
今日はなんの日?
  • 2016年9月9日
  • 救急の日
  • 厚生労働省が1982年に「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから制定。救急医療関係者の意識向上と、国民の正しい理解を深めることが目的である。
  • 2016年9月9日
  • 骨盤臓器脱 克服の日
  • 尿失禁・骨盤臓器脱で悩む女性ゼロをめざすひまわり会により制定される。骨盤臓器脱の英語表記は「POP」と略され、逆転すると「909」と読めるため。
  • 2016年9月22日
  • フィットネスの日
  • 日本フィットネス協会の設立記念日であり、9月は厚労省が実施する「健康増進普及月間」でもあるため制定される。国民の健康体力づくり推進が目的である。
  • 2016年9月24日
  • 歯科技工士記念日
  • 1955年設立の日本歯科技工士会により、2005年9月に50周年を記念して制定されたふたつの記念日のひとつ。もうひとつは10月8日の「入れ歯感謝デー」。

薬剤師の地域別時給[東日本]
地 域 東京23区 東京都下 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県 静岡県 山梨県
平均値 ¥2,302 ¥2,203 ¥2,126 ¥2,229 ¥2,400 ¥2,508 ¥2,309 ¥2,255 ¥2,051 -
薬剤師の地域別時給[西日本]
地 域 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 愛媛県 福岡県
平均値 ¥2,249 ¥2,111 ¥2,114 ¥2,020 ¥2,111 ¥2,145 ¥1,960 ¥2,771 ¥1,913
(2015年2月~2016年1月)
AiDEM 株式会社アイデム 人と仕事研究所調べ

薬剤師インタビュー

アクセスランキング

1

[薬事医療業界ニュース]

建物外への出入口が必要‐「調剤所と同様」判断で見解
2

[特集コラム]

施設基準届け出の憂鬱 ~申請から2か月後に届いた受理通知~ ららくま薬局 熊谷信さん
3

[薬剤師インタビュー]

地域のみなさんから広く信頼してもらえる薬剤師になりたい 中央薬局 下村英紀さん

最新ニュース

一覧を見る

produced byアイデムエキスパート

pmdaメディナビ

バックナンバー

pmdaメディナビ