薬剤師・薬学生の情報サイト[ファーマシストマガジン]

薬事医療業界ニュース

トピックス

薬事・医療業界

新販売体制、業界の認識統一を

2011年01月21日(金)

 今年、参加した新年互例会のうち、OTC薬に関連した団体や企業の関係者のあいさつなどに含まれる共通認識は「改正薬事法施行後もOTC薬市場は依然、活性化していない」というものだった。医薬品の新販売制度が始まって以降、業界をあげて粛々と法に則った適正対応をとってはいるが、思った以上に振るわないという窮状を訴えているようにもとれた。

 民間調査会社インテージによると、現状のOTC薬市場は、小売店販売ベースで約1兆1000億円の市場を形成しているという。一方で、改正薬事法施行以降のOTC薬市場の販売金額の推移では、昨年は対前年を上回ったのは7月のみ。それも記録的な猛暑という気候に影響され、ドリンク剤などの売上高が伸長したという一過性のものだ。

 また、スイッチOTC薬として期待された第1類薬の販売金額も昨年6月、7月、10月で前年比プラスの実績となっているが、OTC薬全体の販売構成比では4%ほどに過ぎず、毛髪用剤など伸長する一部薬効を除けば、下げ止まっているというのが現状と分析しているようだ。

 ある業界関係者は、「OTC薬は、医薬品という性格上、売り場の拡大や低額販売が、必ずしも消費拡大につながらない」と指摘しながらも、「OTC薬業界の製・配・販の取り組みが、消費者の購入を促進するパワーに欠けていたのでは」と、これまでを振り返る。そのパワーとはやはり、セルフメディケーション推進に向けた啓発活動なのかもしれない。

 改正薬事法では、医薬品販売者側に新制度が設定された。それとは裏腹に、一般生活者のセルフメディケーションに対する意識は、改正法施行後もそれほど高くはないのかもしれない。昨年、日本OTC医薬品協会とインテージが共同で行った生活者意識調査では、『セルフメディケーション』という言葉そのもの認知は17・6%と低い結果が出ている。

 セルフメディケーションには、文字通り自分自身で健康管理を行うイメージはあっても、具体的に、疾病の予防や軽い疾病治療に際し、薬剤師や登録販売者からアドバイスを受けて、医薬品を購入するというイメージはまだ定着していない。

 やはり販売者サイドも、気軽に相談できるパートナーとしての存在をアピールする必要性はあるのだろう。そこには、人と人とのコミュニケーションが重要で、改正法が対面販売の原則を謳っている所以だとも考える。

 昨年度の厚労省が実施した覆面調査では、個店の薬局・薬店で、第1類薬に対する対面販売がなおざりにされていた実態も浮かび上がった。今年度も同様の調査が実施される。「覆面調査」という見えないプレッシャーがあるから、販売姿勢の襟を正すというのでは本末転倒だ。医薬品販売者一人ひとりが、生活者のセルフメディケーションの良きアドバイザーとして、信頼を得られるような取り組みが必要になるだろう。

 また、今年5月末には、原則禁止されている第2類薬の通信販売について、医薬品販売店のない離島居住者や、既存の利用者に限って可能だった経過措置も終了する。医薬品ネット販売論議が再燃することは必至だ。そういう時期だけに、医薬品販売のあり方について、薬業界全体が認識を統一させることが早急に求められよう。(薬事日報

>> 薬事・医療業界一覧に戻る

薬事・医療業界

知っトク!おトク!豆知識

健康・医療分野におけるITC化 国民がメリットを感じられる今後の方向性とは
現在、医療情報のITC化は主官庁である厚労省と総務省で進められています。病院や薬局、そして介護も含む地域医療連携の全体をネットワーク化し、個人の健康・医療・介護分野の情報をパーソナルヘルスレコードとして本人が一元管理・活用できるようにします。ITC化された情報をスマホアプリで見ることができれば、利用者はどんな診断や投薬をされているかがわかります。また、本人自らが情報を持ち運ぶことにより、引っ越しなど地域を超えての活用や、複数診療科での活用、介護分野の多職種連携チームでの活用が可能となります。

今月号の目次
今日はなんの日?
  • 2016年9月9日
  • 救急の日
  • 厚生労働省が1982年に「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから制定。救急医療関係者の意識向上と、国民の正しい理解を深めることが目的である。
  • 2016年9月9日
  • 骨盤臓器脱 克服の日
  • 尿失禁・骨盤臓器脱で悩む女性ゼロをめざすひまわり会により制定される。骨盤臓器脱の英語表記は「POP」と略され、逆転すると「909」と読めるため。
  • 2016年9月22日
  • フィットネスの日
  • 日本フィットネス協会の設立記念日であり、9月は厚労省が実施する「健康増進普及月間」でもあるため制定される。国民の健康体力づくり推進が目的である。
  • 2016年9月24日
  • 歯科技工士記念日
  • 1955年設立の日本歯科技工士会により、2005年9月に50周年を記念して制定されたふたつの記念日のひとつ。もうひとつは10月8日の「入れ歯感謝デー」。

薬剤師の地域別時給[東日本]
地 域 東京23区 東京都下 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県 静岡県 山梨県
平均値 ¥2,302 ¥2,203 ¥2,126 ¥2,229 ¥2,400 ¥2,508 ¥2,309 ¥2,255 ¥2,051 -
薬剤師の地域別時給[西日本]
地 域 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 愛媛県 福岡県
平均値 ¥2,249 ¥2,111 ¥2,114 ¥2,020 ¥2,111 ¥2,145 ¥1,960 ¥2,771 ¥1,913
(2015年2月~2016年1月)
AiDEM 株式会社アイデム 人と仕事研究所調べ

薬剤師インタビュー

アクセスランキング

1

[薬事医療業界ニュース]

建物外への出入口が必要‐「調剤所と同様」判断で見解
2

[特集コラム]

施設基準届け出の憂鬱 ~申請から2か月後に届いた受理通知~ ららくま薬局 熊谷信さん
3

[薬剤師インタビュー]

地域のみなさんから広く信頼してもらえる薬剤師になりたい 中央薬局 下村英紀さん

最新ニュース

一覧を見る

produced byアイデムエキスパート

pmdaメディナビ

バックナンバー

pmdaメディナビ