薬剤師・薬学生の情報サイト[ファーマシストマガジン]

薬事医療業界ニュース

トピックス

厚生労働省

日病薬が独自調査もとに主張‐
特定看護師の薬剤選択・使用、薬剤師の実施が可能
厚生労働省チーム医療推進会議の看護業務検討ワーキンググループ

2011年01月21日(金)

 日本病院薬剤師会の土屋文人常務理事は、厚生労働省が19日に開いたチーム医療推進会議の看護業務検討ワーキンググループ(WG)に参考人として出席し、特定看護師(仮称)による薬剤の選択・使用の範囲拡大について、「医師や薬剤師の意見を重視して議論する必要がある」と慎重な対応を求めた。看護業務WGの検討のベースとなっている厚労省研究班の調査で、看護師が実施可能とした薬剤に関連する行為の多くが、薬剤師でも可能とする日病薬の独自調査結果を示し、薬物治療へ薬剤師が関わる必要性を訴えた。

研究班調査の不備も指摘

 研究班調査は、看護師が既に実施している業務と実施可能な業務を、医師と看護師を対象に調べたもの。一方、日病薬は、看護師の業務と共に、薬剤師が行う薬剤業務の範囲について、薬剤師を対象にパイロット調査を実施。117施設227人が回答した(回収率74・2%)

 その結果、看護師が現在実施していたり、今後実施できると考える業務に関する認識に、職種間でばらつきが見られた。薬剤の選択・使用、検査(薬剤・薬物治療関連)に関連する項目では、研究班調査における医師と、日病薬調査における薬剤師の回答で、「看護師が可能」とした比率を比べると、日病薬調査の方が全般的に低い傾向が見られたという。

 土屋氏は、薬剤の選択・使用や検査に、薬剤師が深く関与している実態があるとし、「研究班調査の結果だけに基づいて、今後、特定看護師による薬剤の選択・使用を拡大することは賛同しかねる。少なくとも、医薬品の取り扱いに関する看護業務の検討においては、医師や薬剤師の意見を重視して議論する必要がある」と主張した。

 さらに、研究班調査の回答では、特定機能病院が多くの割合を占めることや、「多職種による実施が適当と考えられる業務」について、どの職種が想定されるかが問われていない点を指摘。幅広い種別の施設の現状を把握し、個別の行為について、どの職種が適当か検討する必要を訴えた。

 日病薬調査によると、薬剤の選択・使用に関して「現在薬剤師が実施している」項目の上位は次の通り。

 ▽化学療法副作用出現時の症状緩和の薬剤選択、処置=48・5%(今後薬剤師の実施が可能=86・3%)

 ▽痛みの強さや副作用症状に応じた非オピオイド・鎮痛補助薬の選択と投与量・用法調整=47・1%(89・4%)

 ▽痛みの強さや副作用症状に応じたオピオイドの投与量・用法調整=45・4%(85・9%)

 ▽癌の転移、浸潤に伴う苦痛症状解消のための薬剤の選択と評価=37・4%(74・9%)

 ▽副作用症状の確認による薬剤の中止、減量、変更の決定=34・4%(77・5%)

 ▽抗癌剤等の皮下漏出時のステロイド薬の選択、局所注射の実施=33・0%(66・5%)

 ▽下剤(座薬)の選択・使用=31・3%(89・9%)

 ▽外用薬の選択・使用=30・4%(78・4%)

 「現在、薬剤師が実施している」との比率が2割を超える業務の大半は、「今後、薬剤師が実施可能」と8割が回答するなど、チーム医療における多様な業務に、薬剤師が意欲を持っている結果が示された。(薬事日報

>> 厚生労働省一覧に戻る

厚生労働省

知っトク!おトク!豆知識

健康・医療分野におけるITC化 国民がメリットを感じられる今後の方向性とは
現在、医療情報のITC化は主官庁である厚労省と総務省で進められています。病院や薬局、そして介護も含む地域医療連携の全体をネットワーク化し、個人の健康・医療・介護分野の情報をパーソナルヘルスレコードとして本人が一元管理・活用できるようにします。ITC化された情報をスマホアプリで見ることができれば、利用者はどんな診断や投薬をされているかがわかります。また、本人自らが情報を持ち運ぶことにより、引っ越しなど地域を超えての活用や、複数診療科での活用、介護分野の多職種連携チームでの活用が可能となります。

今月号の目次
今日はなんの日?
  • 2016年9月9日
  • 救急の日
  • 厚生労働省が1982年に「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから制定。救急医療関係者の意識向上と、国民の正しい理解を深めることが目的である。
  • 2016年9月9日
  • 骨盤臓器脱 克服の日
  • 尿失禁・骨盤臓器脱で悩む女性ゼロをめざすひまわり会により制定される。骨盤臓器脱の英語表記は「POP」と略され、逆転すると「909」と読めるため。
  • 2016年9月22日
  • フィットネスの日
  • 日本フィットネス協会の設立記念日であり、9月は厚労省が実施する「健康増進普及月間」でもあるため制定される。国民の健康体力づくり推進が目的である。
  • 2016年9月24日
  • 歯科技工士記念日
  • 1955年設立の日本歯科技工士会により、2005年9月に50周年を記念して制定されたふたつの記念日のひとつ。もうひとつは10月8日の「入れ歯感謝デー」。

薬剤師の地域別時給[東日本]
地 域 東京23区 東京都下 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県 静岡県 山梨県
平均値 ¥2,302 ¥2,203 ¥2,126 ¥2,229 ¥2,400 ¥2,508 ¥2,309 ¥2,255 ¥2,051 -
薬剤師の地域別時給[西日本]
地 域 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 愛媛県 福岡県
平均値 ¥2,249 ¥2,111 ¥2,114 ¥2,020 ¥2,111 ¥2,145 ¥1,960 ¥2,771 ¥1,913
(2015年2月~2016年1月)
AiDEM 株式会社アイデム 人と仕事研究所調べ

薬剤師インタビュー

アクセスランキング

1

[薬事医療業界ニュース]

建物外への出入口が必要‐「調剤所と同様」判断で見解
2

[特集コラム]

施設基準届け出の憂鬱 ~申請から2か月後に届いた受理通知~ ららくま薬局 熊谷信さん
3

[薬剤師インタビュー]

地域のみなさんから広く信頼してもらえる薬剤師になりたい 中央薬局 下村英紀さん

最新ニュース

一覧を見る

produced byアイデムエキスパート

pmdaメディナビ

バックナンバー

pmdaメディナビ