薬剤師・薬学生の情報サイト[ファーマシストマガジン]

特集コラム

国際的な医療人材が日本で育つことの意味 成田市の医学部新設から考える

2016年3月25日

「世界最高水準の環境で医療を学べる」そんな大学が日本にあったら、興味が湧きませんか?2015年11月に国家戦略特区事業として認められた、千葉県成田市の「国際医療拠点」はまさにそのような方針で計画が進められています。残念ながらいまのところ新設されるのは薬学部ではなく、医学部のみのようですが。


外国人教員や留学生を招き、英語教育や診療参加型臨床実習、海外研修を積極的に取り入れること、また公衆衛生の専門職大学院の設置などが掲げられ、最短で2017年4月の開学が予定されています。さらに、国際空港を有する強みをいかし、東京オリンピックが開催される2020年には付属病院を設立し、医療ツーリズムも実施していくようです。


この計画には期待の声が寄せられる一方で、人口当たりの医師数が全国で3番目に少ないといわれている千葉県においては(厚生労働省、2014年)、「地元の医療に影響がでるのでは」「医師不足解消を優先すべき」など懸念の声もあがっています。
このような指摘は、現場の医療者と地域住民にとっては、喫緊の課題でしょう。ただ一方で、長期な視点においては、医療人材の国際化による恩恵は「外国人に対するもの」だけには留まらないと感じています。


医療人材の国際化、その恩恵はどこへ?

ガーナで医療活動をしていたころ、コミュニティ内に複数の言語が混在していたため、患者と医療者が意思疎通を図ることが困難な場面がよくありました。そんなときはより一層、患者に寄り添う丁寧な対応が欠かせませんでした。


また、現金収入がほぼない貧困層の人々は、医療機関にかかることができないので、純粋に医療を提供しているだけでは救えませんし、医療機関に来られたとしても、普段の食生活がままならないと栄養状態が悪いので、どんなに治療を施しても改善がみられないこともめずらしくありません。そして、思想的背景から、医療機関の受診を拒む人もいるなど、いわゆる「医療」の枠組みのなかでは解決することができない、さまざまな問題に直面しました。


そのような環境においては、高度なコミュニケーションスキルと想像力、リーダーシップスキルと決断力、そして信頼を得るに足りるすぐれた人間性が求められます。また、患者さんに向き合い、その背景を最大限に尊重する習慣がついたことで、日本のなかにもある多様性に目を向けることにつながりました。


これらの経験から、さまざまな背景の人々を対象に、その人たちの生活をよりよくできるすぐれた国際的な医療人材が日本で育っていけば、超高齢社会を迎え困難な局面にある日本の医療を改善していく、大きな力になるのではないかと期待せずにはいられません。


ただ、医療ツーリズムをおこなっている国のなかには、それらに利用されている貴重な設備や人材、得られた利益が必ずしも地元に還元されていないような実態も見受けられますので、どのような形で実施すれば地域へもメリットをもたらすことができるのか、引き続き慎重な検討の必要があると思います。


海外での国際的な薬剤師養成コースから学ぶこと

日本の薬学部では、国際的な人材養成という観点はまだあまり聞かれませんが、海外ではすでにさまざまな取り組みがされています。以前、「グローバル化とこれからの薬剤師」でも触れましたが、ヨーロッパやアジアでは、医療資格の共通化や教育レベルの統一が図られてきています。


また、海外における、国際的な薬剤師養成コースの代表的なもののひとつが、ロンドン大学の臨床薬学修士課程(MSc in Clinical Pharmacy, International Practice and Policy)です。この課程は外国出身の薬剤師を対象に、WHOをはじめとする国際標準的なガイドラインにもとづき、臨床的専門性とリーダーシップを育成することを目的としています。一番の特徴は、学生はプログラムの修了後、学んだことをいかして出身国の医療により貢献することが前提となっているということです。一国の公的教育機関が、外国の医療者のレベルアップを図る目的のコースを設置する、という姿勢には驚きました。


ただ、出身国へ帰ることが前提であっても、授業や実習、研究を通して、イギリスの最先端の医療に触れることで、当然、イギリスに残りたいと考える学生も出てきます。そして、そのような学生は、向上心が高く優秀な人たちなわけです。出身国からすれば、そのような学生が戻ってこないのは損失ですが、もしかしてはじめから「イギリスの医療を体験すれば、一定数の優秀の学生が残るはず」という自信があるから、こんな太っ腹なプログラムを組んでいるのでは?なんて考えてしまったりもします。


そう考えると、国際的な医療人材の養成プログラムは、日本の医療や大学が世界の医療者や患者から評価される機会と捉えることができますし、そこから学ぶことを日本の医療や大学全体にいかしていくことができれば、きっと日本社会にとっても有益なものになっていくと思います。

 

薬剤師 後町 陽子

後町 陽子(ごちょう ようこ)

学生時代に国際薬学生連盟で本部役員を経験。明治薬科大学卒業後、青年海外協力隊エイズ対策隊員としてガーナで2年間活動。金沢大学大学院修士課程(国際保健薬学)、病院薬剤師を経て、株式会社ケアネットにて、医療者向け教育コンテンツの企画制作を担当。薬剤師向け学習支援サイトProファーマCHでは薬剤師リポーターも務める。
ブログ:http://yohkotin.blogspot.com/

知っトク!おトク!豆知識

パートとアルバイトに違いはある?
調剤薬局では貴重な戦力であるパート薬剤師。そこで非常勤の通称であるパートとアルバイトに違いはあるのでしょうか。法律上は名称による区別はなく、パートタイム労働法で定義されている短時間労働者です。では、それぞれの言葉の由来とは?パートはパートタイムの略語で対義語はフルタイム、パートタイマーともいわれます。アルバイトは労働を意味するドイツ語が語源で、明治時代に学生が学業の片手間にする仕事の隠語として使いはじめ広まりました。ちなみにフリーターは、学校卒業後の年齢15歳から34歳が対象で学生は含みません。

今月号の目次
今日はなんの日?
  • 2016年9月9日
  • 救急の日
  • 厚生労働省が1982年に「9(きゅう)9(きゅう)」の語呂合わせから制定。救急医療関係者の意識向上と、国民の正しい理解を深めることが目的である。
  • 2016年9月9日
  • 骨盤臓器脱 克服の日
  • 尿失禁・骨盤臓器脱で悩む女性ゼロをめざすひまわり会により制定される。骨盤臓器脱の英語表記は「POP」と略され、逆転すると「909」と読めるため。
  • 2016年9月22日
  • フィットネスの日
  • 日本フィットネス協会の設立記念日であり、9月は厚労省が実施する「健康増進普及月間」でもあるため制定される。国民の健康体力づくり推進が目的である。
  • 2016年9月24日
  • 歯科技工士記念日
  • 1955年設立の日本歯科技工士会により、2005年9月に50周年を記念して制定されたふたつの記念日のひとつ。もうひとつは10月8日の「入れ歯感謝デー」。

薬剤師の地域別時給[東日本]
地 域 東京23区 東京都下 神奈川県 埼玉県 千葉県 茨城県 群馬県 栃木県 静岡県 山梨県
平均値 ¥2,302 ¥2,203 ¥2,126 ¥2,229 ¥2,400 ¥2,508 ¥2,309 ¥2,255 ¥2,051 -
薬剤師の地域別時給[西日本]
地 域 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 愛媛県 福岡県
平均値 ¥2,249 ¥2,111 ¥2,114 ¥2,020 ¥2,111 ¥2,145 ¥1,960 ¥2,771 ¥1,913
(2015年2月~2016年1月)
AiDEM 株式会社アイデム 人と仕事研究所調べ

薬剤師インタビュー

アクセスランキング

1

[薬事医療業界ニュース]

建物外への出入口が必要‐「調剤所と同様」判断で見解
2

[特集コラム]

施設基準届け出の憂鬱 ~申請から2か月後に届いた受理通知~ ららくま薬局 熊谷信さん
3

[薬剤師インタビュー]

地域のみなさんから広く信頼してもらえる薬剤師になりたい 中央薬局 下村英紀さん

最新ニュース

一覧を見る

produced byアイデムエキスパート

pmdaメディナビ

バックナンバー

pmdaメディナビ